本文へスキップ

愛知県立津島東高等学校TEL.0567-24-6001
FAX.0567-24-4256

〒496-0004 愛知県津島市蛭間町字弁日1

学校紹介concept

校長挨拶

本校は1978年(昭和53年)の開校以来、生徒全員が持てる能力を十分に伸ばすことを目標とし、教職員・生徒は一丸となって学校づくりに励んでまいりました。おかげさまで、今日では地域に愛される学校として定着し、生徒は謹厳実直で前向きであるとの評価も受けております。
これに甘んずることなく、英知を磨くことと人間性を磨くことは表裏一体であるという「行学一如」の精神にもとづき、これからも地域社会の要請に応えるべく、次のような生徒を育てていく所存です。



  • 明るく伸びやかな生徒
  • 清新で爽やかな生徒
  • ひたむきで一生懸命な生徒
  • 規律を重んじる生徒

校長 渡辺 貞彦

校訓

  •  ち    無限大に向上する知性
  •  ごう   逆境に強いたくましい心身
  •  じょ   他者を思いやる心情




校章 

戦国時代、織田信長の祖父信定は本校付近の勝幡(しょばた)に居城して、津島地方一円の勢威をふるい、信長もこの城で生まれたと伝えられている。本校の校章は、この地に興り全国統一をめざした織田信長の勇武果断にあやかるべく、その家紋にヒントを得たものである。
中央部は中国伝来の唐花(からばな)の装飾模様で、端正清純をあらわす。周囲の五つのCは、海にゆかりのある海部・津島の象徴としての波がしらを表すとともに、本校の校訓である智(Common Sence)、剛(Courage)、恕(Charity)、及び協力(Co-operation)、創造(Creation)の英語の頭文字のCを表し、「智・剛・恕の校訓を協力して創造する」という決意を示す。




校歌

作詞 塚本文雄
作曲 森 一也


1.秀麗の 遠き山脈
  悠久の   木曾の流れよ
  尾張野の  土に生ひ立ち
  たくましき 青春の譜を
  かなでつつ われら鍛へむ
  栄えあれ  津島東高校

2.豊饒の 緑の大地
  藤浪の   花かがよひて
  つはものの 栄枯の夢も
  はるかなる 城址のほとり
  あたたかに われら集はむ
  誉れあれ  津島東高校

3.鏡なす 池の面に
  影写す  北斗の星よ
  輝くや  久遠の啓示
  若き日の 生命の旅路
  英知をば われら磨かむ
  誇りあれ 津島東高校


学校の沿革

 →PDF


愛知県立津島東高等学校

〒496-0004
愛知県津島市蛭間町字弁日1
TEL.0567-24-6001
FAX.0567-24-4256
→アクセス

→プライバシーポリシー

→リンク